アーカイブ

更新情報

2015-05-20
公共施設へ出入り禁止になるのは保護目的の為ですの情報を更新しました。
2015-05-20
運営者情報の情報を更新しました。
2015-05-20
病院で一部検査を受けられない可能性がありますの情報を更新しました。
2015-05-20
植皮法で刺青除去をした後のケアとはの情報を更新しました。
2015-05-20
刺青除去には植皮法(皮膚移植)がありますの情報を更新しました。

公共施設へ出入り禁止になるのは保護目的の為です

刺青除去をしたいと思う理由には様々なものがあるそうです。
身近なところでも気になったり、結婚や出産を経て初めて刺青除去を希望する方も多いと聞きます。
刺青除去を希望する理由にはどのような物があるのでしょうか。

結婚や出産を機に刺青除去を希望するケース

刺青が入っていると、日本では公共施設への出入りが禁止されている事が多いそうです。
その為、結婚や出産を機に、家族で公共施設へ出入り出来るようにする為に刺青除去を希望すると言うケースが多くなっているそうです。

なぜ公共施設に出入りが禁止されているのでしょうか

刺青は入れる事により、皮膚が弱くなったり、皮膚からの細菌感染をしやすい状態となってしまいます。
その為、プールや温泉等の公共施設では、トラブルを回避する為にも刺青のある方の出入りを禁止しているのです。
決して偏見から来ている措置では無く、刺青を入れている人の皮膚への影響を考えた保護措置なのです。
また、こうした公共施設では多くの人が出入りする為に、感染拡大を防止する意味もあると言われています。
刺青はこのような理由から、刺青除去を希望する方が増えていると言われています。
単なるおしゃれのつもりで入れた場合であっても、公共施設への出入りが出来るようになる為には、刺青除去を行わなければならないのです。
ftrs
こうした事を考えると刺青は、事前に除去しておく方が後々の生活にも大きな影響を与える事があると言えるでしょう。
刺青除去には様々な方法がありますが、刺青の部分を切除する方法があります。
切除法とはどのような内容や効果があるのでしょうか。

刺青除去の為の切除法とは

切除法とは刺青が入っている皮膚を切除する方法で、切除した皮膚の周囲の皮膚を縫い合わせる事により、刺青を全て除去してしまうと言う方法です。
刺青の大きさによっては難しい場合もあるようですが、比較的小さな刺青除去であれば切除した傷痕も小さくて済むようです。
1回で刺青全体を切除する方法と複数回に分けて切除する方法があり、それぞれ単純切除、分割切除と言われています。
刺青自体の大きさによって単純切除になるか分割切除になるかを決めるようですが、分割切除の方が、治療期間は長くかかりますが、傷痕は単純切除よりも短くまたは小さく抑える事が出来るそうです。
また、どちらの場合も背中全体のような広範囲にわたる刺青や、皮膚に余裕が無いような部位には適用できない事があります。

刺青除去に切除法を選ぶ時

刺青自体を綺麗さっぱりと見えない状態にしたい時や、傷跡が残っても少々の事は構わないと言う場合に選択する事が多いようです。
比較的刺青が小さめ、または広範囲では無い場合、皮膚に余裕がある部位の時に選択される事が多いと思います。
このように刺青除去の方法には切除法があります。
刺青の状態によっては適用出来ない事もありますが、確実に刺青除去を行うのであれば有効な手段だと言えるでしょう。

ページ上に戻る